>
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 里帰りっていいな

1ヶ月間の予定で日本に里帰り中の私とさくら。

はっきり言って1ヶ月じゃ足りない!私にとって2年ぶりの日本、そしてさくらにとっては始めての日本。毎日外へ出かけたり実家にお友達を招いたりして日本を満喫しているんですが忙しくしているので疲れが出たり。さくらにあたってしまったりで反省。次回はスケジュールの面でもっと時間に余裕を持たないと!と思っています。

それにしても、やっぱり気の知れた女友達といろいろ話すのっていいですね~。今回初めてさくらを見せることができてそれぞれの2年間を語ることができて楽しい♪

出産後始めての里帰りとあっていろいろ出産のお祝いを頂きます。肌がわりと弱いさくらを知っていたかのように気が利くお友達から赤ちゃんにも優しいオーガニックのソープ&ローションや寝冷えや湯冷め防止にも使えるオーガニックコットンのおくるみを頂きました~

organic

ありがとね☆

中学以来の親友からはオーダーメイドでさくらの名前入りのリュックを貰いました~

back1

可愛い手提げ袋に入っていました。

さくらに背負わせると、

back2

これを背負ってよいよいと歩ける日はいつでしょうか?楽しみです~。いつもありがと~

なんだか梅雨?のように帰国してから不安定の天気が続いていますが日本滞在もあと少し。まだまだ予定が目白押しなので体調管理に気をつけて楽しみたいと思います。何よりもさくらに無理のかからないように、、、

07:15 | 初めての日本
comment(6)     trackback(0)

 やってしまった、、、

panda
私の名前は、パンダチャン。
(急に寒くなったので近所で長袖を買う。)

今日はさくらの機嫌が朝から悪く離乳食もほとんど食べず泣いてばかり。お気に入りのおもちゃを持たせても落としてばかりでイライラが募った私は、「落としたらダメって言ってるでしょ!!」と怒鳴りちらしてしまう。びっくっとしたさくら、このあと大泣きに。

ダメだなぁ~。里帰りって楽しいことが断然多いけど環境の違いや疲れで私自身今日はちょっと体調を崩していたし。自分が疲れてたのもさくらに怒鳴ってしまった原因の一つかな、、、

怒らないように、と思っていても怒ってしまう。まだ言葉が話せない娘には泣くことでしか私に訴えることができないのに。母としまだまだ未熟者、、

ごめんね、さくら。夜寝るときはたくさんさくらのおでこにキスをしてスースー寝付くまで傍にいました。

子育てって難しい、、教科書通りには行かない。子育てを通して娘に教わることって本当に多いなぁ。

06:18 | ママのつぶやき
comment(3)     trackback(0)

 海外でバイリンガル教育をすることについて思うこと

バイト先でのこと。
父はアメリカ人で母は日本人な新人(E)の研修を私が担当。
彼女はアメリカで育ったが沖縄に1年間留学したことがあるらしい。
日本語がもっとうまくなりたくて日々勉強しているらしい。

私がさくらに日本語で接していることを言うと、
E:「私のお母さんにもそうして欲しかった」
私:「お母さんは日本語を話さなかったの?」
E:「うん、でも英語も混ざってたりして日本語はあんまりだった

彼女はお母さんがもっと日本語を教えてくれてたら今こんなに(日本語で)苦労しなかったのに、と悔やんでいました。続けて、「でも日本語は好きだからすぐに頭に入るの。だけど、スピーキングが遅いの」っと日本語学習に奮闘している様子。

彼女と話しをして、う~ん、と考えさせられた。自分の子供に外国で日本語を教えること。子供にはバイリンガルになって欲しい、と思ってバイリンガル教育をがんばるぞ!っと言うのは簡単で実際には難しかったりすると思う。

私の場合アメリカに住んでいて、娘の言語環境は基本的に英語である。娘にとって身近に日本語を話すのは私だけ。娘が生まれたときから私は日本語で接しているけれど英語環境にいて外国語である日本語を私と娘の間のみ使用するのは時々ある意味不便であったりする。

それは夫や夫の家族が日本語が理解できない、行く所々で話されるのは英語のみ、という環境だから。私が周りと英語で話していてそのまま娘にも英語で話しそうになったり、実際に話してしまったりすることがたまにある。

そういう時に、はっとさせられてまだ9ヶ月の娘に、「お母さんとは日本語でね。お父さんやばあば(義母)とは英語でお話しようね」と付け加えたりするけれど、日々の会話の中でそうやっていつもフォローしたりちゃんぽん(日本語と英語が混ざっている)にならないようにするのは大変であったりする。

でも、娘がどんどん大きくなるにつれてもっと言葉を理解していき、どうして英語だけじゃなくて日本語が話されたりするのか、どうして日本語を使うことが大切なのか、をちゃんと教えてあげるのが必要だと感じる。

そして新入のEが付け加えた一言、「でも日本語が好きだからすぐに頭に入るの。」と言うことを聞いて、やっぱり好きこそものの上手なれ、だなと感じた。これからも娘が日本語や日本文化に興味を持ってもっと知りたい!と思うように、母の私も根気強くそして楽しく教えていかなければなぁ。

☆☆☆追記☆☆☆

大好きなニューオーリンズにハリケーン・グスタフの影響でまたもや大きな被害が予想されています。私は先日ニューオーリンズの移民局へ行ってきたところ。ルイジアナやテキサス、ミシシッピー、アラバマ、フロリダにお住まいの方々、どうか被害が最小でありますように。



23:22 | ママのつぶやき
comment(4)     trackback(0)

 Gymboreeの無料体験レッスン

久しぶりの更新です。 みなさんお元気ですか?
7月末に引越しなどいろいろあって更新が止まっていました 

最近私は夏バテ気味、、でもそんな夏バテを吹っ飛ばせっ!とうことで近くのモールに入っているGymboreeの無料体験レッスンへさくらと行ってきました!ママ友の間でも評判が良くて気になってたんです 

gym 1
カラフルなマットの上でご機嫌なさくら。

Gymboreeは1976年に乳幼児向けのプレイセンターとしてサンフランシスコにオープン。今では世界中で開設されていて日本でも第一号教室が2006年に元麻布にオープンしています。

遊びと歌で子供の発達をサポートするという楽しいプログラムで月齢によってレベルわけされています。さくらは6ヶ月~10ヶ月のレベル2へ参加。さくらのほかに4人の乳児が来ていました。

gym 2
子供が遊べるスペースが広くていろんな遊具があります。

赤ちゃんってほんと他の赤ちゃんに興味津々ですよね  じっと見たり笑ったりハイハイの上手な子は超スピードで駆け寄ってきたり。さくらはちょうどお昼寝の時間だったのにとてもご機嫌。

レベル2は45分のレッスンです。レッスンの始まりはその日のレッスンのアクティビティの紹介などがあって他のママとお話をしたりみんなで一緒のアクティビティをして、あとはパラシュート・タイムや歌やシャボン玉があったり。ほか、Gymboreeのキャラクターのジンボ君がいないないばぁをしてでてきたりしました。最後のグッバイ・ソングではバイバイを練習したりして2ヵ月半から通っているお子さんは手でバイバイができていました。

gym 3
いろんな大きさのカラフルなボールがあったり。

終わったあとは残ってプレージムを使うことも可能らしいです。先生も感じがよかったし勧誘など全くなかったです。さくらもよく遊んで疲れて帰りの車では爆睡  ふふ。
申し込んでみようかな~

☆☆☆☆☆☆☆

先日さくらは9ヶ月を迎えました。8ヶ月を過ぎてから上にまた2本歯が生えて歯はトータル6本に。
cup

最近ではNubyのストーローがついているカップも自分で飲めるようになりました。はぁ、この前までスプーンで麦茶をあげてたのに、成長って早いもんですね 
23:58 | 生後9ヶ月
comment(3)     trackback(0)

 お魚デビュー&離乳食作りについて

前回に続いて離乳食のお話です。

さくらは先日離乳食2ヶ月目に入って初めてお魚を食べました!日本だとスーパーで新鮮な魚が売ってますがアメリカのスーパーの魚はほんと鮮度が劣ってますよね。見た目だけで即アウト!

私は幸いフロリダに住んでいるので近所の採れたて新鮮な魚を売っている市場へ足を運びました。離乳食初期からもオッケーな白身魚、Flounder(カレイの一種)を購入。自分たち用も買って食べました♪

他の食材同様、写真のice cube trayに処理したあと入れて冷凍庫で保存。ふた付トレイはネットでオーダーしないといけなかったので私はGladのpress and sealをふた代わりにかぶせています。何もかぶせないで冷凍庫に入れてしまうと不衛生なので。

ice

食べるときはレンジでチンしたら簡単!私は離乳食初期からmaoさんの離乳食を作ろう。を参考にさせていただいています。初心者に詳しく離乳食の作り方がのっています!

ところで子育てに役立つサイトbabycenter.comによるとアメリカでは通常1歳の誕生日を過ぎてから魚を子供に食べさせるらしいです。どうりでガーバーのベビーフードに魚がなかったはず!アジアの国の例外も書かれていますが、お国が変われば離乳食事情もやっぱり違うのですね~。日本では離乳食初期から魚を食べさせていますもんね。

話はもどってお魚デビューをしたさくらの反応は、普通、、、、もっとちょうだい!と足をバタバタさせることなく、でもベーと出すこともなく。まぁ、初めての食材にしては良い反応!?


13:41 | 生後8ヶ月
comment(4)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。