>
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ニューオーリンズへの旅 パート3

<ニューオーリンズへの旅 パート1&2の続きです。>

さて、ちょうどお昼寝の時間だったさくら。
オーデュボン アメリカ水族館の中で寝てしまうかな?と思ったら
以外や以外、ず~と起きてました 

jaws

こちらへ向かってくるサメ。ジョーズっぽい。

jaws 2

けっこう迫力あります。

ochame

水のトンネルにて。お茶目なエイ。

shinken

ちょっと眠たい、、

時々頭を夫の腕の中でこすりながらも、がんばって起きてるさくら。

さて、普段からあんまりリアクションが大きくないさくら(今回は眠たいかっ)。
いろいろ見た中でさくらのお気に入りはというと、、、

penguine

以外にも、ペンギンでした 

このペンギンはガラスの向こうで腕をパタパタさせてて、これを見たさくらはけらけら笑って大喜び。お土産にペンギンのぬいぐるみを購入。これを見てもけらけら笑ってます 

水族館で楽しい時間を過ごした後、がんばって起きてたさくらはついに夢の中へ。

sleepy


ペンギンさぁん。むにゃむにゃ。

ぐっすり寝ているさくらを連れて、最後に向かったのは、オイスターで有名な"Acme Oyster Bar"

acme 2


ここは旅行ガイドブックには必ずと言っていいほど載っているとても有名なバー。私は生牡蠣が大好き♪去年夫婦でニューオーリンズへ行ったときは私は妊娠中だったので食べれず。寝ているさくらには悪いけれど、ここへ寄らずには帰れない!!!!(ごめんね、さくら)

少し外で順番を待って中へ入る。まだぐっすり寝ているさくら。中は満員で大勢の人が料理を堪能しお酒を飲み、TVでスポーツ観戦。雑音がすごい、、起きるかな?さくら、、、、

数分後、さすがの音の大きさに起きたさくら。
でもぐずることなく抱っこするとご機嫌。

acme


パパと遊ぶ。くすぐったいよぉ

左側のテーブルにはお孫さんが同じく6ヶ月の夫婦が座っていて(「何歳?」と聞かれ)、さくらにいろいろ話しかけてくれました。


私が注文したのは、

food
a cup of seafood gumbo & french fries

そして、来ました~♪
oysters
a dozen of oysters

さくらがいたので急いで食べましたが、大きくてむちむちで美味しい♪
レモンをかけて付いてきたソースにつけて食べます。

お店を後にした後は、有名なバーボンストリートを歩きました。さすがにお酒を飲んで歩いてる人がいたり大人向けの娯楽施設があったりするのでベビーカーの親子や子供は全くいなかった。。。私たちも今後は子供連れでは歩かないでしょう。

street

疲れたなぁ、、、

駐車場へ向かう途中で。少しガランとした通りを歩く。

さぁ、日帰り旅行もおしまい。おうちへ帰ろう~。


★ニューオーリンズ 新米ママのメモ★
久しぶりのニューオーリンズは本当に楽しかった 
今回は初めて子供を連れて行ったけれど水族館や公園などアトラクションが多く(あと動物園もあります)、子供連れでも十分楽しめました。ただ、以前と違って子連れなため感じたことがあります。

Acme Oyster Barへオイスターを食べに行ったとき、さすがにバーということで中の通路がせまく、べビーカーで「すみません」と少々ぶつかりながら席につき、店内には赤ちゃん連れのお客は私たちともう1組のみ。ベビーカーも隣のテーブルとの間に横向けにおく。このテーブルとテーブルの間がまた狭い。(隣の人たち、ごめんなさい)

店内は大人ばかりなのでこれにはさすがに周りのお客さんに迷惑をかけないように!とそればかり気になりました。ちょうどさくらが起きてしまったし。

こういったことは何もここだけということはないですが、やはり小さな子供がいると外出時はファミリー向けでない場所の場合、特に『周りに迷惑をかけないように!』と気にしてしまいますね。そのため何度も行った場所なのに、今回はオイスターの味が若干違った気がしました 

あと、ニューオーリンズはいたるところでバーが早くからオープンしてるので真昼間からお酒を飲んで歩いている人がバーボンストリートなどで多く見られます。上で書いたように、さすがにここには水族館でたくさんいた子連れのファミリーは全くいませんでした。

何度も行った場所だけど今回小さなさくらと一緒に行くと、また違った角度からニューオーリンズを見た新米ママでした 

スポンサーサイト
21:58 | 生後6ヶ月
comment(2)     trackback(0)

 ニューオーリンズへの旅 パート2

<前回ニューオーリンズへの旅 パート1の続きです。>

カフェデュモンドでベニエを食べ、興奮しながら写真ばかり撮っていたママをよそ目にさくらはしばし、

cool

シリアスな表情、、、

カフェデュモンドの後はジャクソン広場へ。
たくさんの人がストリートパフォーマンスを観てました。

jackson


その後、ミシシッピー川沿いを歩く私たち。
ミシシッピー川をクルーズできる蒸気船『ナチェス号』が見えてきました。

riverside


さくらは、、、

by river

いたって無関心、、、

すでに疲れてる!? 水族館はまだだよ~
お目当ての水族館はもう少し歩いたミシシッピー川沿いにあります。

そして着きました!オーデュボン アメリカ水族館。

americas


珍しい白いワニのほかサメやクラゲなどを多数保有するアメリカでもトップ5に入る水族館だそう。

私たち夫婦は8年前?にも訪れたことがあります。今回はいろいろ興味を示しだしたさくらを連れて。どんな表情をするのか楽しみ 

そしていざ中へ!水のトンネルをくぐる前に大きな水槽を見上げ、

suizokukan

親子で同じポーズ。

ちょうどお昼寝の時間だったさくら。
眠い中、時に真剣な顔でお魚を観ています。

serious

あれはな~に?

動く魚を目で追っているよう。
きゃっきゃはしゃぐことはなく静かに観察している様子。


しかし!


さっきからパシャパシャ写真を撮られているのに気付き、

kininaru


serious 2

フラッシュが気になるなぁ、、、

水族館って薄暗いから余計に気になるのかな。

続きは次回へ 


23:23 | 生後6ヶ月
comment(5)     trackback(0)

 なかなか寝てくれない夜

<ニューオーリンズのお話はまた今度>

今夜さくらはなかなか寝てくれません。
かれこれ2時間半ほど、寝付いてはすぐ起きて、の繰り返し。

以下の手を使うが効き目なし。

1.母乳をあげる
2.抱っこして家中を歩き回る
3.抱っこしながらお気に入りの童謡(「すずめの学校」)をひたすらリピート
4.ベッドで抱っこしながら横たわり(さくらは胸の中)背中をとんとんしてあげる 5.ベビーベッドにつけている光がでるおもちゃをつける(これを見てたら眠くなる)

生後2ヶ月過ぎから夜通し寝てくれる子だったから
こういう夜は「キィッ」となってしまう。だめね~

ついさっきは4の手を使って30分ねばった。
さくらは頭をこすり、頭を持ち上げて「フェ~ン」を繰り返し、ママの鎖骨を小さな手でどんどんたたきながらもなんとか寝付いてくれた。

でもそのあと、



ぷぷぷっ と、おならの連発。。。



あぁ、この音で起きなきゃ寝てるんだわ。


今度は起きないでくれ。
21:43 | 生後6ヶ月
comment(2)     trackback(0)

 ニューオーリンズへの旅~パート1~

天気も良いことだし、常々さくらを連れて行きたかったニューオーリンズへ家族3人で行ってきました。

new orleans before

朝からとてもご機嫌な様子。

ニューオーリンズは私たち夫婦のお気に入りの場所。
幾度も訪れ、前回は去年の5月。まだ妊娠中の時。
その前は2005年のハリケーン カトリーナが直撃する1週間前に行きました。

ジャズやミシシッピー川、南部料理とケージャンフード、陽気で気さくな人々、ほか魅力がたくさんつまったニューオーリンズ。今回はさくらを連れてミシシッピー川沿いにある水族館へ行くのが目的。もちろんガンボやオイスターも食べなきゃ!

カトリーナからもうすぐ3年が経とうとしていますが、建物ががらんとしていたりハリケーンのあとそのままにされている家が目につきました。まだまだ復興への道のりが長いことを示唆する光景。観光客で賑わうフレンチクオーターはダメージは少なかったようです。

お昼ごろに到着。私たちが住んでいる町に比べて何倍もの人の量。こんなに人が多い町へ来たのはさくらは初めて!?どんなリアクションをするのかと思ったら、、、

cafe dumond

<フレンチ ドーナツで有名なカフェデュモンドにて>

いつも通りマイペースで時にしらーっとした表情  さほどきキョロキョロすることもなくぐずることもなくおりこうさんでいてくれました。朝ごはんをしっかり食べてきたので水族館へ行く前にカフェデュモンドへ。

そして、きた!!!!!!!!
cafe demond 2

待ってました!!!四角形のドーナツ、ベニエ!!!これがふっくらあつあつで美味しいんです!!!日本にもカフェデュモンドはあるけれど、やっぱり本場の味は違います!!3つで1ドル80セントぐらいかな。

cafe

お店のすぐ外でジャズ演奏をしてました。美味しいもの食べて音楽が聴けて、幸せ。

続きはまた次回 


21:26 | 生後6ヶ月
comment(5)     trackback(0)

 離乳食の始まり

離乳食を始める前にとりあえず購入。

baby food


いろいろネットなどで離乳食に必要なものを調べていたけれど、初めての子供ということで目移りばっかりしてしまった 

結局今回は、
1.麦茶などこの先自分で持って飲めるようにトレーニングカップ
2.電子レンジがオッケーな小さなスプーンとお皿のセット(このスプーンは温度が熱ければ色が変わります。)
3.外出時にも使えるSassyのお皿(中に更にふたが付いた小さいお皿が3つ付いてます。)スプーン付き。
を購入。また他に必要なら買い足します。これで当分は乗り切れる!?

自分で離乳食を作るつもりなのでアメリカで裏ごしやすり鉢など探したけれど、今のところは日本から持ってきた茶こしをつかって裏ごしをしています。

離乳食は6ヶ月検診を終えてからと思っていたけどその2日前にひょんなことからトライ。

gerber


え!自分で作ってないやん!はい、実は義母が娘のためにGerberベビーフードを買っていたので、週末に遊びに行ったときに試しにあげてみました 

どんな顔するのかな?ぺーって吐いたりするのかな?とリアクションに興味あり。ふふ。ところが、かな~り普通のリアクションで拍子抜けしました  でもバタバタ足をさせて好きみたいで大さじ1以上あったのにペロリと完食。やっぱりボンレスハムになるだけあって食い意地は抜群 すんなり行き安心。

あれ以来、毎日離乳食がんばっています。今はちゃんと愛情たっぷりのおかゆ作ってますよ またその件は次回書きます 


22:10 | 生後6ヶ月
comment(3)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。